品質管理・保証

TNF工法協会では「TNF工法施工管理基準」に基づき、物理試験を用いた品質管理を徹底して行っております。

TNF施工現場の事前調査・現地土の試料採取

TNF工法協会に加盟した施工管理者により、TNF工事着工の2週間までに元請様と事前のお打合せと施工現場での事前調査および現地土の試料採取を行います。

現地土の試料採取

事前のボーリング調査資料により、現地土の試料採取位置と必要採取数量を決定し地盤改良部分(1次改良・2次改良)において、現地試料土を採取します。

使用機材0.3~0.5m3バックホー 1台
電子レベル 1台
採取人員作業指揮者・重機OP 1名
採取に必要な時間2~2.5h程度
採取手順
1.掘削機械の現場搬入(15~20t車にて搬入)
2.掘削レベルの測定。基準レベルの確認
3.バックホーによる改良下端までの掘削
4.一次改良部・二次改良部の代表的な土の採取
5.掘削機械の現場搬出
6.場内・周辺清掃 作業完了

室内配合試験の実施・固化材の適切な添加量の決定

試料採取した現地試料土をもとに、室内配合試験を実施して固化材の適切な添加量を決定します。
地盤は、地層や堆積場所の違い等によって性状が変化します。
そのため、事前のボーリング調査と現地調査、および現地土の試料採取により、地盤改良の対象となる土の性状の変化を想定し、事前の室内配合試験を実施することで、所要の設計強度を発現するために適切な固化材の種類と添加量を決定することが求められます。

室内配合試験

室内配合試験の目的は、所要の設計強度を発現するための固化材の種類と添加量を決定することにあります。地盤は、地層や堆積場所の違い等によって性状が変化します。したがって、地盤改良の対象となる土の性状の変化を想定し、事前の室内配合試験を実施しています。

試験フロー

地盤改良を行うにあたり、室内配合試験を実施し、固化材の添加量を決定します。

遅くとも着工2週間前には現地にて試料採取を行います。
試料採取

ボーリング調査資料により採取位置及び採取数量を決定し、地盤改良部分において現地試料土を必要量採取します。
現地試料採取

試料到着から固化材添加量決定までに約7日~10日を要します。
試料調整

ふるいを使って最大粒径9.5mm以下に調整します。

含水比試験

含水比試験により、土粒子の質量に対する間隙に含まれる水の質量の割合を求めます。粘性土・砂質土等の各試料種における強度発現に有効な適正水分量を満たしているか判断し、固化材添加量及び加水量を決定します。

湿潤密度試験

湿潤密度試験により、対象土の単位体積重量を求めます。湿潤密度試験により、試料土の単位体積あたりの質量を求めます。土の締まり具合を判断する指標として利用します。

試料と固化材の混合

ソイルミキサーを使用して試料と固化材を混合攪拌します。固化材の配合水準は試料土の土質とこれまでの改良工事の実績等を参考にして、所要の強度が得られるおよその添加量を想定し、それを含めた3水準以上を設定します。

供試体作製

混合攪拌した試料をもとに供試体を作製します。供試体とは、試験により改良体の強度などを推定する目的の制作物で試験体ともいいます。TNF工法協会では、地盤改良部分の一軸圧縮強度を推定することを目的に作成します。供試体の作製は、試料土の状態により以下の基準に準じます。

  • 「セメント系固化材による改良体の強さ試験方法」(JCAS L-01-2006)
  • 「安定処理土の突固めによる供試体作製方法」(JGS 0811-2000)
  • 「安定処理土の締固めをしない供試体作製方法」(JGS 0821-2000)
    (供試体寸法:φ50mm ×h100mm)

養生

供試体の養生は、供試体の入ったモールドまたは供試体を密封材で被覆して湿度20±3℃で所定期間養生するように規定しています。

一軸圧縮試験

拘束圧の作用しない状態で自立する円柱状の供試体に対して一軸圧縮強度、変形係数などを測定します。含水比試験と湿潤密度試験により想定された固化材添加量において目標強度が得られるかを確認します。

室内配合試験結果によって決定した固化材添加量をもとに、添加量を反映した御見積書を作成します。
固化材添加量決定

 一軸圧縮試験の結果や現地の状況、施工時期等の外部環境などを加味して、最終的な固化材添加量を決定します。

六価クロム溶出試験

セメント及びセメント系固化材により地盤改良した土壌から、条件によっては六価クロムが土壌環境基準(0.05mg/L)を超える濃度で溶出する可能性があるため、建設省(現国土交通省)より「セメント及びセメント系固化材の地盤改良への使用及び改良土の再利用に関する当面の措置について」という通達が出されています。これによりセメント及びセメント系固化材を使用した地盤改良工事では、現地土壌及び使用固化材の六価クロム溶出試験を実施し、土壌環境基準以下であることの確認が必要となっております。『配合設計の段階で実施する環境庁告示第46号溶出試験(試験方法1)』に準ずる。
六価クロムの濃度は土質環境基準(0.05mg/L ) 以下の数値を確認します。

添加量の決定

室内配合試験は、添加量の異なる供試体を作製し、添加量とその強度の関係を把握することを目的としています。添加量と一軸圧縮強度の関係から、室内配合強度の確保に必要な固化材の添加量を求めます。

改良地盤での一軸圧縮試験の実施

TNF工法協会では、実際に地盤改良を行った改良地盤にて十分な設計強度を発現しているかどうかを確認するための物理試験を行っています。一軸圧縮試験により、地盤改良後7日後、28日後の強度を確認し、測定結果をご報告しています。

1.地盤改良部分(1次改良・2次改良)において、改良土の採取を行う。
2.施工現場にて供試体作成を行う。
3.地盤改良後7日後、28日後に一軸圧縮試験を実施する。
4.報告書を作成する。

基礎部分の保証

TNF工法協会が基礎部分を設計・施工した建築物が、お客様の正常な使用状態のもとで不等沈下した場合、当協会の賠償責任保険契約に基づき、不等沈下に伴う建築物の破損部を修復させていただきます。

ページトップ